水漏れが起きないための予防法

水漏れが起きないための予防法 自宅で生活していると、徐々に給排水管が劣化して水漏れを起こす危険性があります。実際に起きた場合専門業者に修理依頼すれば問題解決できますが、できることなら発生は回避したいところです。一時的ではあっても水道が使えなくなりますし、修理するのにもある程度の時間がかかるからです。水漏れ予防するためには、定期的に点検すること、掃除などをしてできるだけきれいな状態を維持することが大事です。点検をこまめに行うことで異変も早期発見できます。早めに見つけて業者などに修理依頼できれば、大掛かりな作業も必要なくなります。

■定期的なメンテナンスをすること

水漏れの発生するのは、基本的に経年劣化です。使い続けることで徐々に劣化して、漏れの発生するパターンが多いです。経年劣化は長年同じところで暮らしていれば不可避ではありますが、こまめにメンテナンスをすることで発生を遅らせることは可能です。
水道周りの場合有効とされているのが、こまめに水をふき取ってあげることです。もともと水の流れるのを前提にしていますから、錆止めや水垢のつきにくい加工にはなっています。しかし長年使い続ければ、どうしても劣化が進みます。濡れている個所を頻繁に拭き取れば、錆や水垢の発生するのを防げます。つまり劣化のスピードを遅らせ、いつまでも正常に使い続けられます。

■給湯器も掃除をすること
給湯器で水漏れが発生すると、不完全燃焼などを起こして危険な状態になります。ですからすぐに修理業者を呼んで、適切な対処をしてもらう必要があります。給湯器も長年同じものを使い続けていると、どうしても故障リスクは増します。少しでも長く使い続けたければ、掃除をすることです。掃除をするだけでも十分なメンテナンス効果が期待できます。
また毎日こまめに使い続けることも大事です。特に雪国などの寒い地方の場合、長期間使っていないと水道管が凍結して破裂する可能性も高まるからです。また石油給湯器を使っている場合、石油に水が混ざっていないかどうかこまめにチェックすることです。もし両者が混ざってしまうと、これもまた不完全燃焼の原因となりうるからです。

■定期的に点検すること

定期的に水漏れが発生していないかどうかチェックすることも有効な対策になります。ペース的には年に1回くらいのペースで確認するといいでしょう。大掃除などの時水回りの掃除をしている際についでで構いませんので、ホースなどで問題が発生していないかどうかチェックすることです。
水回りの点検をする際には、水栓周りと配水部分を詳しくチェックすることです。もしこの部分で水漏れが発生していれば、濡れていなくても痕跡が残っているはずです。特に注意したいのは、この部分に錆の発生している場合です。心当たりがあれば、速やかに業者を呼んでもらって状況を診断してもらったほうがいいです。また裏側のところでカビの繁殖している場合も要注意です。一見したところ変化が特別なくても、カビが繁殖していれば、水漏れの可能性が疑われます。

■まとめ
水漏れ対策として大事なのは、メンテナンスをすることです。メンテナンスといわれると一見難しそうですが、簡単に言えば掃除をしてきれいにしておくことが基本です。こまめに水をふき取るように心がけるだけでも劣化のペースを遅らせることができますし、給湯器もほこりなどを取り除くだけでも劣化を防げます。また早期発見すれば、簡単な作業で問題解決できます。異常が発生して長期間そのままにしていると、今度は別のところで問題が起きて、大掛かりな工事などが必要になりかねません。こまめに点検、掃除を繰り返してトラブルが起きにくい環境を作りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース